保育士の転職時に確認するポイント

###Site Name###

今の保育園が合わないという時に転職せざる負えないこともあるでしょう。
この転職時に見落としてはいけないポイントがあります。


保育士という職業は、子どもの伝染病である水疱瘡、風疹、リンゴ病などに感染することがあります。


また流行性のインフルエンザなども、マスクや予防接種をしたとしてもうつってしまうこともあります。

また赤ちゃんを抱っこすることも多いので腰痛を持つ保育士もいます。
こういう時に必要なのが社会保険です。
病院にかかるときに健康保険の保険証を持っていなければ3割負担で診療してもらえないからです。


前の保育園では完備していてくれたものでも次の職場では完備していない場合もあります。



その場合自分で手続きしなければなりません。

社会保険の内容は、健康保険、厚生年金、介護保険です。厚生年金や介護保険はすぐに関係するものではありませんが、健康保険は働きながら必要になる大切なものです。
転職するときには別な保育園に行きたいという気持ちから、社会保険の細かいところを見落としたりします。

この確認をしっかりしながら新しい職場を探しましょう。

厚生年金についても、自分で払う個人年金に比べて将来貰える額が増えてきます。

保育園で完備しているならば是非加入しましょう。



保育士として心身ともに酷使する現場で働くには自らの体のために必要なことはやっておくべきです。可愛い子ども達の中で働くにも元気でいなければなりません。



転職時に確認するポイントを忘れずに活動しましょう。